手作りしたら本来の目的を忘れてしまっていた

化粧をしていると、結構前に買ったレジン液つかえるのだろうかと唐突に思い出し、確認すると、レジン液が少し漏れていました。しかし、つかえそうではあったので試しに使ってみようかなと思い前にYouTubeで名刺入れをメイクパレットをDIYしているのをみて作ってみようかなと思っていたので、作ってみました。

久しぶりに作ると色々やってしまったなと後悔。正直写真だと汚いけれど実物はちゃんと艶もありもう少し綺麗です。

色々ハプニングありました。まずドラゴン。本当はシールを張る予定だったのにドラゴンのシールが古すぎて台紙と合体しシールではなくなった。背景白の台紙だったので仕方なくそのドラゴンを見ながらレジンに直接ペンで書く。
ドラゴンのあたりを光らせようと思っていたので下地のレジンに蓄光顔料をまぜていたのだけれど、光らないうえになぜか少し汚くなっている(蓄光顔料ではなかったのかもしれないと思い始めている)。

周りのストーンチェーンをレジンを流す前に枠を作る意味で接着剤でつけておけばよかったと後悔。
ドラゴンのシールを張ってからその上に載るように張ろうとしていたので、この結果でもあるのですが。
あと、化粧のケースでかさばるのでまとめようとケースを作っていたのに、かさばる上に壊れやすいアルミの薔薇をつけるという失態をしていた。ポーチに入れたら薔薇がつぶれそう。
なので、これは失敗ということもあるけれど、家で使うことにしました。メイクパレットではなく、手作りシールケースとして使うことにしました。

 

まさかシールが台紙と一体化しているとは思わなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA